アトピーのランク

ひとくちにアトピーと言っても、その症状には段階がある。
自分がその渦中にいると、それを客観的に見極めるのは難しい。

己を知る

「今、自分のアトピーって良くなってるの?それとも悪くなってるの?」

アトピーの時、よくこんな風に感じていました。

本当に分からないんです。改善しているのか?悪化しているのか?

まあアトピーそのものが良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、目先の症状に振り回させるのは良くなかったのかもしれません。(とは言うものの、やっぱり気になりますけど・・・)

それはさておき、

ここではもう少し大局的な観点から、私のリバウンドまでの経過(症状)を紹介します。

もちろんレベルが上がるに従って、ステロイドのランクも上がりました。

アトピーのレベル(飛鳥旬の場合)

第1レベル

処方されたステロイドを真面目に塗っていれば、そのうち治ると信じていた段階。ひと昔前のアトピーはこの段階で治ることが多かった。だが私の場合、この段階で治ることはなかった。何が悪いか分からないので、生活習慣を見直す発想がない。その結果、必然的に悪化の道を歩む。当然、計画的にアトピーを治す方法は知らないし、その方法を知らない事にさえ気付いていない。

第2レベル

なかなか改善しないことから、今までの治療に疑問を感じ始めて焦り始めた段階。「はい、これ塗って」と言われるだけの治療に疑問を感じながら、同時に健康食品や民間療法への関心が高くなる。日常生活にも支障が出始める。情報収集に努めるも氾濫する情報の中で右往左往。ステロイドに罪悪感を持つ一方、日々の生活を維持する為に抗アレルギー剤も併用していた。

第3レベル

アトピーが顔に出た。夜は殆ど眠れなくなった。この段階でまともな精神状況を維持するのが難しくなる。「ステロイドを止めない限りアトピーは治せない!」と思い込む一方、「ステロイドを手放せば生活が破綻する」とも感じていた。医療機関に不信を感じて民間療法に走る。そこでは「好転反応です」の連続にウンザリ。

第4レベル

リバウンド状態。全身からリンパ液が流れて全く身動きが取れなくなる。顔じゅう赤い斑点に覆われてパンパンに腫れ上がった。アトピーが異次元の世界に。眠れない。緊急入院を余儀なくされた。感染症を併発していた。アトピーよりもリバウンドの恐ろしさを知った。

あなたは今、どのレベルにいるのだろう?

アトピー患者の大半が第2レベルか第3レベルで右往左往している気がします。
一番混乱しているのは、第3レベルの方かもしれません。

「克服までの確実なステップ?」
「こんなので上手く行くはずがない!」
「この人の言っていることはここが違う・・・」などなど。

でもアトピーなんて、理屈で治すものではない。逆に、理論なんて知らなくても、確実に克服への道を歩むことは出来る。やることはシンプルだから誰にでもチャンスがある。

私はそんな風に思います。

ちなみに、私が目指しているのは「完治」です。

と言うのも、アトピーは「完治」と「改善」の間には雲泥の差があるからで、その違いは歴然。

コチラをご覧ください。

「改善」と「完治」の違い