改善と完治の違い

アトピーを治して分かったこと。それは「改善」と「完治」では雲泥の差があると言う事実。この両者を分ける要因は「自力」と「他力」の差かもしれない。

結果オーライ自然消滅型アトピー

「結果オーライ自然消滅型アトピー」ってご存知ですか?

知らないですよね。ごめんなさい。私が勝手に付けた名前なので知らなくて当然です。でも、意外と多いです。何もしなくても、気が付けば勝手にアトピーが消えていた。そんなパターン。

「小学校に入学したら治るから」
「中学生になればきっと治るよ」

病院でそんな風に言われて、本当にアトピーが消えてしまう。

ひと昔前、子供のアトピーはこのパターンが圧倒的に多かった。
(当然、今でもこのパターンは一定の割合で存在します。)

一方、成人型アトピーの場合はどうでしょう?

大人の場合、残念ながらこのパターンが成立する可能性は限りなく低いです。逆にズルズルと悪化の道をたどるケースが多い。事実、私もそうだった。

ところで、この「結果オーライ自然消滅型アトピー」には少し問題があります。

「何が問題なの?」
「治ればそれで十分じゃないの?」

そんな風に楽観視していると、後で思わぬ落とし穴が待ち構えていたりします。何故ならこのタイプの治り方はどこまで行っても「結果オーライ」だからです。

この点を把握しないまま喜んでいると、アトピーはシッペ返しが怖い。

例えば、乳幼児のアトピーが小学生で消えたとします。

実際、これはよくあるケース。中学入学と同時にアトピーが消える場合もあります。ところがこれで喜んでいると、大学受験や就職を機にアトピーが再発することがあります。

で、こうなると話はちょっと厄介。

何故なら、今度は「20歳になったら治るから」とか「30歳になったら治る」と言う訳にはいかないからです。

自分で克服することの大切さ

「結果オーライ自然消滅型アトピー」の場合、どうしてアトピーが消えたのか、その理由をキチンと把握できていません。

それは「自然に消えた」と思っているので仕方ないですが、実は「結果オーライ自然消滅型」の最大の問題点がここにあります。

「何故アトピーになったのか?」
「どうしてアトピーが消えたのか?」
「どうしてアトピーが再発してしまったのか?」

ここをしっかり把握していない為、アトピーが再発した時に対処する術が分らないのです。

これは、カリスマ医師に治して貰ったアトピーも同じ。彼らに診て貰えば症状は一時的に改善しますし、その後の対処法も教えてくれます。

急場をしのぐ意味で、速やかに症状を改善させることは大切です。

でも病院を離れて普通の生活に戻れば、改善した状態を維持する為には患者自身の生活面でトータル的な力量が問われてしまいます。

そしてアトピーを克服する本当の意味での力量が患者側に備わっていないと、残念ながら症状は遅かれ早かれ元に戻ってしまいます。

一方、アトピーの本質を把握していると、仮に再発しても慌てなくてすみます。それは一方通行ではない自分自身の経験がベースにあるからです。

実は、アトピーを完治させる大切なポイントがここにある。

体感することの意味

アトピーを克服する過程で、「体感」は想像以上に大切です。

例えば、生活習慣を改善している中で便通が良くなった場合、「ほ~」とか「なるほど~」と言った体感を得る筈です。その際、この「ほ~」とか「なるほど~」と言う体感こそ、実は大切なサイン。

この体感の積み重ねで、重要な勘所やポイントを知ることができるようになるからです。

つまり日常生活を送る上で「これで良いんだ」とか「これじゃダメだ」と言った判断基準が自然と身に付くようになります。

少し面倒に聞こえるかもしれませんね?

でも「アトピーを治す」と作業とは、結局そういうことだと思うのです。

改善と完治。選択は人それぞれ。

でも同じ努力をするなら、完治に向けた努力の方が報われる気がします。

目指すのは完治