アトピー克服の基本

ダニ?ハウスダスト?関係ない。部屋の掃除なんてテキトーで良かった。環境を変える努力は決して報われることがないからだ。

環境を変える努力は徒労に終わる

アレルギー検査。アトピーの人なら受けたことあるでしょう。

病院ジプシーを繰り返していた頃、私もアレルギー検査は何度も受けました。
(ところで、アレルギーの検査ってどうしてあんなに高いの?)

私の場合、結果はいつもダニとハウスダストが陽性。スコアは4でした。
ところでダニやハウスダストと言えば、対策はお決まりのお部屋掃除ですね。

コレ、妻に協力して貰って徹底的に取り組みました。

不要なぬいぐるみやカーペット類はすべて廃棄。カーテンもすべてブラインドにチェンジ!皮膚科の指示通りダニ対策用の掃除機に買い替え、床も徹底的に掃除しました。

そして、極めつけはリフォーム。

最終的には床をすべてフローリングにしました。(総額300万円!)お陰で今でも我家には畳の部屋がひとつもありません。 トホホ・・・

アレルゲンが無くなればアトピーが治ると思っての投資でした。

これだけ努力すれば少しはアトピーが改善しても良さそうなものですが、期待に反してアトピーは全然良くなってくれませんせんでした。(まるで私達夫婦の努力をあざ笑うかのように・・・)

では、どうして私達の努力は実らなかったのでしょう?

それは多分、「努力の方向性」が違っていたのでしょう。だって家のダニやハウスダストは減らせても、世の中のすべてのダニやハウスダストを消滅させることはできませんから。近所のスギやヒノキを全部伐採しても、花粉症は治りませんよね。

要するに、環境を変える努力って報われないのです。

報われるのは自分を変える努力

ここまで来れば「努力の方向性」も何となくご理解頂けるでしょう

つまり目指すべき方向はアレルゲンを遠ざける努力ではなく、どんなアレルゲンにも
対処できる自分(体)になる努力なんですね。

このことはアトピーや花粉症と無縁の人を観察すれば一目瞭然!

だって彼らはアレルゲンを遠ざけることでアトピーや花粉症にならないのではなく、そもそもアレルゲンに反応しない自分(体)だから、アトピーや花粉症とは無縁なのですから。

実際、アレルゲンを遠ざける努力なんてなーにもしていません。

このことは私自身、身をもって体験したのでよく分かります。

全然自慢にならないですが、昔と比べて今は掃除なんて全然テキトーですから。と言うか、あの頃と比べたら二人の子供と愛犬が増えた分だけ条件は悪い。

ダニやハウスダストだって確実に多い筈だけど、我家にアトピーは誰もいないですから。

なので、「部屋の掃除をしっかりしないとアトピーは治りません」なんてアドバイスにはそれほど根拠は無いと思います。実際、部屋のお掃除でアトピーを治した人ってあまり知りませんから。

そんなこといちいち気にするより、ダニやハウスダストの部屋でも大丈夫な自分(体)を目指す方がよっぽと得策です。

難しく考えなくても大丈夫。物事は本質を見極めることこそ大事。

何がアトピーを治すための根本治療なのか?
これをしっかり見極めましょう。