道のり

道のり

道のり5 アトピー?なにそれ?

「変化」がいつも目に見えるとは限らない。が、自分の知らない所でアトピーは確実に変化(悪化)していた。あれから数日後、あの痒みがまた帰ってきた。「ん?またか?」その時はその程度の感じだった。熱が出るとか、出血している訳ではないのだ。日々の生...
道のり

道のり4 やっぱ薬?

最初に「アトピー性皮膚炎」と診断されたのは、高校一年の夏だった。風呂上りにテレビを観ていると、首から肩にかけて痒くなった。それは虫や蚊に刺された時のような一点集中型の痒みではなく、少し広範囲にわたるモヤモヤした感じの痒みで、皮膚の表面では...
道のり

道のり3 合併症

大変なのはそれからだった。総合病院の皮膚科に駆け込むと、医師は戸惑いながらこう言った。「ここは皮膚科ですよ・・・」彼の言い分はこうだ。「皮膚科は皮膚を診るところ、外傷なら外科へ行きなさい」あの時の私の姿を見れば、そう思うのは自然だったと思...
道のり

道のり2 リバウンド

何がリバウンドで何が症状の悪化なのか?あの頃は全く区別が付かなかった。 脱ステロイド療法が始まった。身体に溜まったステロイドの毒を一機に抜き、漢方薬と健康食品で治癒力の回復を目指す。一見、理に適ったように思える療法ではある。ところが...
道のり

道のり1 ステロイド離脱

手を伸ばせば届きそうな願いや幸福。人生にはそんなチャンスが一瞬で吹き飛んでしまう瞬間がある 15年間使用していたステロイドを切ろうと決心したのは1991年、30歳の時だった。「このままではアトピーを治せない・・・」そんな思いからだっ...
道のり

道のり 序章

「自分なりに頑張っているつもりなのに」「まだまだ努力が足りなのか?」そう思っているなら、それは違うかもしれせん。 初めまして。飛鳥旬(あすかしゅん)です。 アトピーって嫌な病気ですね。 私も、この病気には散々苦しめられま...