道のり 序章

「自分なりに頑張っているつもりなのに」「まだまだ努力が足りなのか?」そう思っているなら、それは違うかもしれせん。

初めまして。飛鳥旬(あすかしゅん)です。

アトピーって嫌な病気ですね。

私も、この病気には散々苦しめられました。

「どうすればアトピーは治るのか?」

ここでは、私の克服体験を紹介しています。

「アトピーが治らず、ホトホト困っています・・・」
「でも、ステロイドは使いたくないのです。」

ホームページを公開して以来、このようなメールが後を絶ちません。

不思議です。

現代医学は、飛躍的な進歩を遂げました。そして現在、医療はハイテクの時代に入ったと言われます。なのにアレルギーに苦しむ人は増加するばかり。

一方、私がアトピーを治した方法は超ローテク。

毎日の生活の中で実行できることばかり。お金なんて掛からない。

「改善しました!」とか「マシになりました!」と言う話ではありません。「18年間苦しんだ重症のアトピーを治した」と言う話をしています。

事実、私のアトピーは今まで再発していません。

そんな私が、つくづく感じることがあります。

それは、アトピーはとことん『自分で治す病気』だと言うこと。です。

でも誤解しないで下さいね。

私は、医療機関を否定している訳ではありませんから。

病院とは本当にありがたい存在で、医療制度も絶対に必要です。それを前提にして「患者自身がやるべきことをしっかりやろう!」って話です。

従って私のやり方を「まぐれ」と見るか「新たな可能性」と見るか、それはお任せします。

ただひとつだけ、ハッキリ言っておきたいことがあります。

それは、アトピーが『不治の病ではない』こと。

一般的に重症化した成人型のアトピーは完治が難しいと言われます。事実、それを裏付けるように、今もアトピーの原因は特定されていません。

通常、何か問題が生じた場合、私達はその原因を見極めて対策しますが、逆に原因が特定できないと問題解決は難しいと考えがちです。

病気・疾患の類もしかり。

原因を究明してから対策、つまり治療法を確立しようとする。このアプローチ自体は問題ないでしょう。ところが、残念なことにアトピーを完治させるのが難しい現実は今もそのままです。

一方、私の体験はこの現実を根底から覆しています。

詳細は本文を読んで頂くと分かりますが、私の場合、少なくとも「原因を見極めてから対策を打つ」なんてことはしていない。

むしろ「原因の究明」と「問題の解決」が必ずしも一致しない事実を証明しているような経験です。

平たく言うと「原因なんて知らなくてもアトピーは普通に治せますよ」と言った感じです。

この経験を通じて今、私は多くの悩みや苦しみを解決する糸口は、いつも身近な日常の中に潜んでいる気がしています。

お願い

このHPは「自分はこうしてアトピーを治したから、同じようにすれば治ります」と言う想いで作成したのではありません。

「痒みがピタリと消えた!」
「1週間で肌がみるみるキレイに!」

このような期待をお持ちの方は、このHPを読んでもきっとガッカリされると思います。 このHPではそう言う類の特効薬や裏技は紹介していません。

ここでは私自身がアトピーの時、「こんな情報が欲しい」と感じたことを具体的にまとめています。内容的には「自己管理」が中心で、やることは地味な事ばかりです。

最後になりますが、

このHPは、すべての医療機関や治療法を否定したものではありません。

それではご覧ください。

道のり1 ステロイド離脱