アトピーの根本治療

この世に、病気を直接治せるクスリは存在しない。
アトピーを治す決め手はひとえに治癒力を上げること。

「治癒力」って何?

「治癒力」っていう言葉ありますね。

「病気を治す決め手は自然治癒力!」と言う場合に使われる、あの治癒力のことです。

今回は、この「治癒力」について。

例えば、風邪を引いたとします。

悪寒の後に頭が痛くなり、熱も37度を超えている。「マズい!」と思ったあなたは会社が終わると急いで帰宅。軽い夕食を済ませると 薬を飲んでベッドに直行!

眠っている間に、随分汗をかいたようです。

翌朝、目が醒めるとすっかり熱は下がっていました。まるで昨日の熱が嘘のように体も軽く、心もスッキリ!

そこで、あなたはこんな風に思うのです。

「風邪は最初が肝心。」
「効いたよね!早めのパブ○ン!」と。

と言うわけで、今日も元気に出社。

「あ~よかった。」「めでたしめでたし。」

さて、ここで質問です。

「風邪が治ったのは何故?」
「どうして風邪は治ったの?」

多くの場合、私達はここで小さな勘違いを犯すようです。

「そりゃ薬を飲んだからさ」
「早めに薬を飲んだから治ったんだよ」と。

でも、それって本当?

早めに薬を飲んだから、風邪は治ったのでしょうか?

風邪を直接治せるクスリは存在しない

冷静に考えると分かりますが、風邪を治したのは薬ではありません。

当たり前の話ですが、風邪を直接治せる薬などこの世に存在しないからです。

そう。風邪を治したのは自分自身。
クスリはあくまでサポート役に過ぎません。

まず、この点を再認識する必要がありそうです。

ちなみに、

もし薬を飲んでも、安静にしなければ?徹夜で仕事をしていたら?

翌朝、風邪は治っていた?

恐らく、ムリだと思います。こんなことしてたら、治る風邪も治らない。最悪、市販のクスリだけでは対処しきれず、病院に駆け込んでいたかもしれません。ひょっとすると肺炎を起こすかも。

このように身体に異変が生じたらすみやかに休息を取り、養生を心掛けることは何より 優先される筈ですね。その証拠に野生の動物は体調が悪くなるとひたすらジッとしてます。

では、アトピーの場合はどうでしょう?

「アトピー性皮膚炎です」と診断された時、私達はどんな対応をするのでしょう?

「養生」という、ごく当たり前の感覚を持つ事はできるのでしょうか?

恥ずかしながら、私はダメでした。

「ちょっと首が痒いだけ」って。まったく気付いていない。

アトピーは熱が出る訳ではないし、風邪のように寝込む訳でもない。まして血も出ない。で、スキンケアだのアレルゲンの除去だのって躍起になってしまう。

風邪を引いた時、充分な睡眠と休養が大切だと理解できれば、アトピーだってスキンケアやアレルゲン対策が最優先でないことは理解できたのに・・・

そう。必要なのは「養生」ですね。

何かをするのではなく、何もしない。で、とにかく休める。

でも実際には難しいのですね。

この「休める」という感覚が・・・。大抵、何かをしてしまう。

ところで、

アレルゲンと言えばもうひとつ。

実はアレルゲンに関して間違った認識を持っている人、意外と多いと思うんです。

ここは、シッカリと抑えておきたいですね。

アレルゲン対策