アトピーの痒みはワンパターンではない

痒みの種類は必ずしもひとつではない。アトピーが良くなる過程では必ず痒みのパターンが変化する。この変化は「好転反応」ではなく本物のサインである。

痒みの度合は変化する

ここでは、痒みの変化に付いて触れておきたいと思います。

アトピーが良くなる過程では必ず痒みのパターンが変化するからです。この変化はそれほど敏感にならなくても、文字通り肌で分かる筈です。

さてさて。

当然ながら、アトピーは突然消える病気ではありません。

「ある朝目覚めたら全身のアトピーが消えていた!」 

これは成立しない。

奇跡がゼロとは言いませんが、ココではその奇跡は起きないと思ってください。

では実際、アトピーが治る時、痒みはどのように変化するのか?

ここでは、「痒みの種類」をふたつ紹介します。

大きな痒みパターンはふたつ。

「アトピーは皮膚の病気ではない」

このことは、痒みのパターンが変化することからも分かる気がします。

ココでは実際、私が経験した痒みのパターンをふたつ紹介します。

アトピーの方なら、同じような痒みを経験されていませんか?

パターン1
短時集中型の発作的な激しいかゆみ。
これは夕食後や入浴後のリラックスタイム、つまり副交感神経が優位に傾く夕方以降にやってくる痒みで、アトピーの悪化に伴いその時間は長くなります。

パターン2
ダラダラと長時間続く慢性的なかゆみ。
時間帯としては交感神経が優位に傾く午前中から夕方までが多く、場合によってはパターン1の後、明け方まで延々と続く場合があります。

大まかに分けるとこんな感じですが、これはあくまで一例。

痒みの度合は炎症の度合に準じる

私が思うに、結局、痒みの度合は炎症の度合に準じています。

なので逆の見方をすれば、アトピーは炎症を抑えきってしまえば消えるのですが、それには皮膚に直接ステロイド外用薬を塗布するだけの治療では限界があるため、内側から根本的に治す流れとなる訳ですね。

そして、炎症が軽減するプロセスは確実に体感することができるので、同時に痒みが治まるプロセスも一緒に体感できる筈です。

ちなみに、アトピーが治る過程は大体において、アトピーが悪化した時とは逆の過程を辿ります。

つまり、ゆっくりしかも確実に良くなる。

リラックスタイムを制する

ここまで書けば、アトピーを制するためのコツも見えてきます。

つまり、アトピーを制するにはパターン1の痒みに対処することが大切で、そのためには夕方からのリラックスタイムの過し方に注意する必要があります。

で、注意すべきは「夕食」です。

大抵、気が緩むのはこの時間帯です。だから夕食は場当たり的な食べ方ではなく、事前に食事内容と量を決めておくことをお薦めします。

リラックスタイムを制する者はアトピーを制する。

私はそんな風に思います。

と、ここまで書いてきましたが、なんだかんだ言っても、私は「アトピーは治してナンボ」と思っています。それは「改善」と「完治」の差を痛感しているからだけではありません。

その理由はこちらです。

アトピーは治してナンボ 心に残るメール