ステロイド使うの?使わないの?

「ステロイド!?」「大丈夫?」

そう思いながら、恐る恐る使っている人、結構いると思います。

でも実際のところ、ステロイドってどうなんでしょう?

私の実体験をお話します。

「使う」「使わない」どちらでも大丈夫!

結論から言います。

ステロイドは使っても使わなくても、どちらでも大丈夫。問題ありません。

その理由は、どちらに転んでも結果は同じだからです。

つまりステロイドを使っても使わなくても、治る時は治るし治らない時は治らない。

これが現実です。

但し、「ステロイドを使う方が楽に治せる」と言うのはある。とは言っても過去の私のような「ステロイド拒否症」の人もいると思うので、ここではそんな人に対してコメントしておきます。

役目が終わればサヨナラ~

「ステロイドは絶対使わない!」

この選択肢はあると思います。

事実、私はステロイドを使うことなく自力でアトピーを完治させました。でもハッキリ言って、こんなやり方は全然お薦めできない。

私の場合は事情があってこの選択肢しか無かった。でもコレはコレで結構大変でした。

具体的に言うと、

・痒みを抑える術がない ⇒ 炎症は拡大し放題で全然眠れない。
・会社を長期間休む ⇒ 職を失えば家族の将来はどうなる?

これが、30代前半の私の姿です。正直、不安でした。情緒も安定しないし。

で、この間、私が実際に失ったモノは大きいです。

一方、こんなリスクを回避する選択肢もあって、それが「ステロイド」だと今なら思える。

ちなみに私、ステロイド擁護派ではないです。で、当然、今はアトピーではないのでステロイドとは無縁。自然な流れとして、当然、そうなります。つまりサヨナラ~!

根本治療あってのステロイド

ところで、

いきなり大事なこと言います。

ステロイドによる対症療法は、その前提として「根本治療」があってこそ成り立つものです。

なので、ステロイドだけの「対症療法」には必ず限界が来ます。

そりゃそうです。

根本的な原因はそのまま。で、見栄えだけ良くしても、そんな状態がずっと続く筈がない。まして「原因」を放置したままなら、普通はそのツケをどこかの時点で払うことになる。

だからこそ「根本治療」が何なのか?ここをしっかり理解しておくことは大切で、同時にステロイドの役割と限界も知っておいた方がいいと思うんです。

ステロイドの役割と限界

ご承知の通り、ステロイドはアトピーを直接治すものではありません。と言うか、病気を直接治せるクスリなどこの世には存在しません。

コレって「風邪を直接治せる薬を開発できない」のと同じ理由です。

では、「薬の役割は?」

それは、「お助けマン」的な存在だと私は思っています。

風邪薬を使う目的は体温を上昇させて発汗を促す。つまり「治癒力を強制的に上げるため」ですね。

こうすることで、風邪は治りが早くなる。

では、ステロイドの目的は?

炎症を抑えて一時的に痒みを消してくれます。あくまで一時的に。

いずれにせよ、クスリには「役割」と「限界」があって必ずしも「万能」ではない。

でも「万能ではない」ことを理解したうえで上手に活用すればいいだけの話。

依存しない

一方、「薬なんて要らないよ~」って選択肢も当然あります。

事実、風邪を治すのに「風邪薬」は必須ではない。その証拠に薬を使わなくても、治る時が来れば自然に治りますから。

でも現実問題として、薬は使った方が早く治せるのも事実。

それに患者の大半は、アトピーを治しながら同時に勉強や仕事もしなくてはいけない筈。

だから風邪なら「短期間で治す」とか、アトピーなら「一時的に痒みを抑える」とか、そういう対症療法的な治療を活用しない手はない。

但し、これには注意も必要で、依存はいけません。

でもアトピー治療が「長期戦」であることを事前に知っておけば、ステロイドに依存する可能性も低くなると思います。

「使う」なら自己判断は命取り

それから、どんな種類の薬でも副作用があることも知っておく必要がありますね。

まずは今、自分の使用しているステロイドのランクを知る所からスタートしてみましょう。

で、もし「ステロイドを使う」と決めたなら、医療機関での診察は必須だと思います。

逆に、一番よくないのは「自己判断」で、例えば突然、症状が悪化したとします。

コレ、単なるアトピーが悪化なのか?それとも感染症による悪化なのか?自分で判断できますか?

多分、自分では判断できないし、もしそんなことしたら、それこそ命取りになるかもしれません。

「かゆみを抑えながら、同時に根本治療に着手できるメリットは大きいです。

このメリットを最大限に活かすためにも、医療機関での定期的な診察は大事だと思います。

それでいいと思っています。

いきなりの「脱ステ」はしない!

ここまで話せば、いきなり「脱ステ」なんてする意味、根拠、価値が全くない理由もご理解頂けると思います。

そう。無いんです。

私のように「アトピーが治らないのはステロイドを使っているから」で、「ステロイドを止めな限りアトピーは治せない」と思って、突然「脱ステ」に走る理由なんてどこにもないんですよね。

「ステロイドは悪魔の薬」「ステロイドで廃人に・・」なんてのは、もう過去の話になりました。

目指すのは完治です。

活用できるものは積極的に活用していきましょう。

さて、ここからは更に突っ込んだ話になります。

事前にお断りしておきますが、治すための「ノウハウ」だけ手っ取り早く入手したい人には不向きかもしれません。逆に、私の「治し方」から独自の方法を模索される方にはヒント満載の筈です。

それではスタートしましょう。

アトピーのランク