道のり3 合併症

大変なのはそれからだった。

総合病院の皮膚科に駆け込むと、医師は戸惑いながらこう言った。

「ここは皮膚科ですよ・・・」

彼の言い分はこうだ。

「皮膚科は皮膚を診るところ、外傷なら外科へ行きなさい」

あの時の私の姿を見れば、そう思うのは自然だったと思う、

なぜなら私の両目周辺は大きく腫上がり、視界は殆ど無かった。しかも血痕のような赤い斑点が顔中に広がり、その姿はまるでKO負けした直後のボクサーのようだった。

妻が今までの経緯を説明すると、医者は同じ院内にある内科へ連絡を入れた。

「内科?」

私と妻は、もう訳が分からず混乱していた。

「感染症の可能性があります」

その後、いくつかの検査を受けた結果、掻き壊した傷口から黄色ブドウ球菌が侵入。敗血症であることが判明した。

結局、その日は抗生物質の点滴を投与したまま、問答無用の緊急入院となった。

数日後、小康状態に入ると、医者は病室で説明してくれた。

「心臓は大丈夫です。」

「心臓!?」

心臓がアトピーと何の関係があるというのだ?

「・・・・・・・・」

医者は丁寧に説明してくれた。

「アトピーそのものは死に至る病気ではありません」
「しかしアトピーとの合併症では死に至るケースもあります」
「君の場合、細菌が心臓の弁に付着して増殖していれば厄介なことになっていました」

好転反応どころの話ではない。命に係わる非常事態だったのだ。

「ところで、どうしてこんなになるまで放っておいたの?」

怪訝な表情で医者は尋ねた。

私は返答に窮した。

放っておいた訳ではない。
私は必至で「脱ステロイド療法」、つまり「治療」に取組んでいたのだ。

1週間後、顔の腫れは消えた。と同時に会社から連絡が入り、栄転の話も消えた。

「またか・・・」

今までだってそうだった。
アトピーはいつも人生の大切な時にやって来て、何もかも台無しにしてしまう。

手を伸ばせば届きそうな願いや幸福。
そんなチャンスが消えてしまう経験に、私はもう慣れっこになっていた。