完治までの流れはコレ!

ドラマなら最初に「筋書」を知ってしまうと面白味は半減する。だがアトピーは完治までの「流れ」を知らないと、治せる可能性は半減以下になる。

アトピーはどんな流れで完治に至るのか?

私自身がそうであったように、多くのアトピー患者は完治までの流れ(道のり)に対して、間違ったイメージを抱いているように思います。

その典型的な例がコレ。

何かをきっかけにして、トントン拍子に痒みが消えてアトピーは治る。

最初に断っておきます。

コレ、まず無理です。

軽度なアトピーでない限り、こんな単純な流れで治ることはまず無いと思います。で、治る時の流れはその逆を観ると分かりやすいです。

「ある朝目が覚めると全身アトピーになっていた!」

アトピーの人で、こんなパターンの人いますか?

いませんよね?と言うか、そんな突発性の疾患ならそれはアトピーではない可能性が高い。

その点を踏まえて、以下をご覧ください。

コレ、アトピーが悪化する時の流れです。

  1. 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、悪化する。
  2. 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、症状はそのまま。

振り返ってみて下さい。

どちらかのパターンですよね?

でね。アトピーが治る時はこの逆。つまり、

3.良くなったり悪くなったりを繰り返しながら 良くなる。

これです。コレがアトピーが治る時の流れ(プロセス)。

つまり、「完治への道は一機に駆け登ることは難しい」という話。

ではココ、私の失敗談から解説します。

アトピーの治り方 私の場合

アトピーだった頃、私はアトピーとはこんな風に治るものだとイメージしていました。

  • カリスマ医師と出会う⇒画期的な新療法と出会う⇒一機にアトピーは治癒。
  • 自分に合った漢方薬と出会う⇒一機にアトピーは治癒。
  • 画期的な健康食品やサプリメントと出会う⇒一気にアトピーは治癒。

このような出会いをきっかけに、アトピーはトントン拍子に良くなる。

そんなイメージを抱いていたのです。つまり、

好転⇒もっと好転⇒さらに好転⇒またまた好転⇒もう直ぐ完治⇒完治!終了

こんな感じ。

ところが、現実はこんな治り方はしませんでした。

では、実際はどうかと言うと、こんなイメージです。

好転⇒悪化⇒好転⇒やや悪化⇒悪化⇒好転⇒悪化⇒好転⇒激悪化⇒好転⇒悪化

最初の1か月はこんな感じ。

で、3か月もこんな状態が続くと、普通なら不安と一緒に嫌気が差してきます。

「こんなことでホントに治るのか?」と。

で、何か別の方法を見つけたくなる。

でも、ここが分岐点。

で、それでも辛抱強く続けていくと、こんな風に変化します。

好転⇒悪化⇒好転⇒悪化⇒好転⇒更に好転⇒悪化⇒好転⇒激悪化⇒好転⇒好転

微妙ですね?

多くの人は大抵、この辺で挫折します。目に目見える効果が出ないから。で、「もっと効果的なやり方がある筈だー」となる。

ところが、

これを続けていくと、もっと微妙な変化が生じてきます。

好転⇒悪化⇒好転⇒激悪化⇒激好転⇒悪化⇒好転⇒悪化⇒好転⇒悪化⇒好転

相変わらずですね。、微妙と言えば超微妙。

もしかすると、この時点で既に半年近くが経過しているかもしれません。

で、この状況、あなたならどう判断しますか?

努力するほど実るのが根本治療

ここまでの流れだけを観ると、単に「良くなったり悪くなったりを繰り返しているだけ」と言う風にも見えます。

でも、実はそーじゃない。そーじゃないんですよ。

思い出してください。

今、取組んでいるのは「根本治療」です。環境を変えるための努力ではない。

従って、

自分を変える努力は徒労に終わらない。

これです。

どいようですが、自分を変える努力は徒労に終わらない。

で、今まで積み上げてきたものがドーン!って感じで花開く。

つまり、努力を継続してゆくと、奇跡が生じるのです。以下をご覧下さい。

好転⇒もっと好転⇒さらに好転⇒またまた好転⇒もう直ぐ完治⇒完治!?

これ、半年を過ぎた頃からの流れです。

最初にイメージした通りの流れが、ここで実現している!

クスリに依存せず、誰かに治してもらったわけでもない。

取組んだのは「快食」「快便」「快眠」がベースの「胃腸の健全化」のみ。お金なんて殆ど使わないですよ。

再発は織り込み済みのシナリオ

ここまで到達すると、

「何が良くて何が良くないのか?」「何をすればよいのか?」

そんなことも、自分で判断できるようになっている筈。

でもね。ここでも注意は必要ですよ。

「やれやれ・・・やっと治った」

そう思っていても、再発するケースはあります。

でも、それは既に織り込み済みのシナリオ。慌てることはありません。

しっかり対応するだけの術、既にあなたは身に着けているのですから。

目安は3年 ここを乗り切れば大丈夫

私の場合、「完治した!」と思った翌年の春、顔のアトピーが再発しました。

でも慌てませんでした。

悪化した原因は自分なりに分かっていたし、対処の仕方も見えていたからです。

で、その後は予想通り、ひと月程度でアトピーは消えました。

更に一年後の春。

またまた顔のアトピーが再発。(しぶとい!)

この時も慌てませんでした。

前回同様、やるべきことを淡々を続けるだけで、症状が消えるのは分かっていましたから。

で、実際、この時は2週間程でアトピーは消えました。

この時の経験から、アトピーは「治った!」と思ってから最低3年は用心。

逆に3年間アトピーが再発しなければ、こんどこそ本当の「完治」。そんな風に思います。

その後25年以上、アトピーとは全く無縁の生活を続けています。アトピーを治すことは健康になることと直結しているので、その後は今日まで成人病なんかとも無縁だよ。

過去20年、読者の方々とのやり取りから見えた結論

アトピーを治す。

これが出来るか出来ないか、この両者を分ける違いは何?

私の結論はコレです。

自分と真摯に向き合えるか?

これだけです。

だって「アトピーを治す!」と言っても、やることは単純なことの繰り返し。

特別な人だけの特別な治療なんて、何もないのですから。

事実、人間の生命活動って、基本は「寝て」「起きて」「食べて」「出す」の4つでしょ?

AさんもBさんCさんも・・・。

だから、いろんなことに目を向ける必要はない。

さて、ここまで努力の方向性と完治までの大まかなイメージを説明しました。

そこでもうひとつ。

多くの方にとって関心のある、ステロイドに付いて記しておきます。

こちらをご覧ください。

ステロイド使うの?使わないの?